Toys! Snowblind

すっかりDDカーにはまってます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山女レース前夜 | main | TAMIYA 新型4WDバギー DF-03ダークインパクト 追加情報その1 >>

山女レース当日

山女レース1

ついに山陽R/Cレース(通称:山女)当日です。
山陽R/Cレース(通称:山女)は広島県廿日市市にある山陽女子短期大学で行われるR/Cレースイベントで、年に何度か行われているようです。
普段は駐車場を使ったオンロードレースらしいのですが、今回は年に1〜2度行われるフラットダートレースです。
今回行われたクラスは、ほぼ制限の無い4WDバギークラス、2WDクラス。旧車(1990年より以前のバギー)でモーターは540の4WD Oldバギークラスと2WD Oldバギークラス。そしてゴブリンクラスとラリークラス、田宮のホーネットのみエントリーできるホーネットアンリミテッドクラスの計7クラス。
僕はその中で4WDバギークラスにエントリーしました。
朝9時前頃に、現地に到着。
駐車場には既にたくさんの車が停まっています。
そしてズラリと発電機が並んでいますw
並んでいる車の奥には、たくさんの人たちがピットを広げ、車のセッティングにいそしんでいるみたいです。
僕はテーブルなんて持っていませんし、裸でマシンとプロポ、予備のタイヤを持ってきているくらい…^^;
やっぱりレースとなると、あれくらい装備が必要なのかな〜、なんて。
既に怖じ気づいています…。

とりあえず、受付を済ませ、レース開始まで練習走行できるみたいなので、早速走らせてみました。
コースは、テニスコートに設置されていて、操作台はテニスコートだけにベンチですw
路面コンディションは、前日の雪と寒さで、全体的に霜が降りていて、湿っている状態。
僕は田宮の新型タイヤ「ハイデンシティスパイクタイヤ」を履かせていたんですが、どうもこの路面ではタイヤがマッチしていないっぽいです。
湿り気の強い路面のため、このタイヤのスパイクでは、砂でスパイクが埋まってしまい、スパイクが意味をなしていないみたいです。
練習走行の直後、ネットで知り合ったキョウヤさんと合流でき、お話を聞いたところ、やはりこのタイヤでは、今日の路面ではあまりグリップしないとのこと。
ダートスラッシャーのキット標準のスパイクタイヤを予備で持ってきていたので、すぐに取り替えました。

キョウヤさんに、レースではどんなことをすれば良いのか、色々教えていただいたり、ピットを案内してもらったり。
みなさん、色々と充実の装備ですね。
僕みたいに、マシン1台だけ持ってきてる人は、ほんと少数です。

エントリー受付が終了し、ミーティングが始まりました。
ミーティング終了後、レースの組み合わせが発表。
僕がエントリーした4WDバギーのクラスは、5人で1ヒート、全5ヒートです。ってことは25人の参加ですね。
僕はその第1ヒートに組み込まれていました。

…って、一番最初じゃん^^;

ということで、すぐに走行準備をしないといけません。
準備と言ってもAMB(ポンダー)という計測器の装着ですが、僕はその計測器の存在は知っていますが、見た事ありません。
通常はボディーに7mmの穴を開けるらしいのですが、キョウヤさんとキョウヤさんのお友達が、ボディに穴を開けなくて済むように、ポリカーボネイトを使ってポンダー用のステイを作ってくれました。
ここで改めて、
ありがとうございましたm(_ _)m

さて、予選開始です。
予選は2分間のスーパーラップ方式で、2回走るそうです。
ようするに、計測点通過から2分間コースを走り、ベストラップでメイン分けするそうです。
ベストラップを計るので、スタートの合図はあるものの、すぐにスタートする必要は無いそうです。
で、実際に予選を走った訳ですが、僕のベストラップは確か24秒568でした。
一番早い人は17秒台が出ていたみたいです。
結果は25人中24位w
予想はしていましたが、全然遅かったみたいです。
他の方々と比べ、ストレートのスピードが全然違うんですよ。
GTチューンじゃ、全然勝負にならないみたいで。
かと言って、これ以上早いモーターだと、コントロールできる自信ありませんし。
ま、こんなところでしょう。

山女レース2
山女レース3
山女レース4
山女レース5
山女レース6
山女レース7
山女レース8
息子泣く

一通り予選が終了し、決勝前に軽く休憩時間がありました。
キョウヤさんが、決勝が始まる前に、僕のマシンをチェックしてくれました。
短い時間の間、自分のマシンのチェックは置いておいて、僕のダンパーを組み直してくださったんです。
ホント親切な方です。
キョウヤさんのチェックによると、僕のダンパーはすでにダメになっているそうです。
確かに以前に比べ、ダンパーの動きがすごく渋くなってたんですよね。
それでも、なんとか応急処置をほどこしてくださり、さらに車高調整まで。
ホント頭が下がります。

さて、決勝開始。
4WDバギークラスはAメイン10名、Bメイン10名、Cメイン5名。
僕はもちろんCメイン。
いざスタートに並んでみると、5台中4台が田宮製w
田宮車が集中しています。やはり田宮のマシンはレース向きでは無いのでしょうか。

キョウヤさんがセッティングを見直してくださったおかげで、確かに以前より走らせやすくなっていました。
しかし、結果はCメイン4位。
次回はもっと練習して頑張るぞ!! と心に誓い、残りの決勝レースを見学。
やっぱりAメインのレースは、みなさん凄かったです。
いつか僕もAメイン入りできるようになれるかな^^;

夕方5時頃、一通りレースは終了し、最後のミーティング兼じゃんけん大会。
200円くらいから400円くらいのRCパーツを、司会者とじゃんけんして争います。
司会者対全員というカタチで、あいこと負けの人は座っていくという形式。
とは言っても、最終的に全員もらえるみたいで。
じゃんけんに勝った人から、好きなパーツを選べるという算段です。
しかし、これはあくまで余興。
じゃんけん大会のメインアイテムは、なんとRCのキットです。
今回は田宮のライジングストームのキット。
じゃんけん大会は、なかなか勝負がつかず、3回くらいやり直し。
そして、最後にその場で勝ち残っていたのは、



ライジングストーム ゲッツ!!
僕でした^o^

初参加の僕なんかが、賞品ゲットしちゃっていいのかな〜、なんて思いつつ、ライジングストームいただいちゃいました。
じゃんけん大会に参加していた小学生の子にかなり羨ましがられていましたが^^;

こんな感じで、僕の初レース体験は終了。
レースの結果自体は、あまり良いものではありませんが、まだRC始めたばかりの初心者ですし、自分の持てる力は出し切れたとは思います。
じゃんけん大会で大型賞品ゲットしましたし、ホント今日は充実の1日でしたね。
色んな方にアドバイスいただいたりなど、すごく勉強にもなりました。
次回のレースでは、もう少し順位を上げられるよう頑張りたいと思います。

ところで、じゃんけん大会でゲットしたライジングストームですが、嫁にプレゼントすることにしました。
嫁がうまくRCにはまってくれれば、RCに対する財布のヒモが少し緩むかな〜、なんて目論んでいるわけで。
あ、嫁には内緒ですよ!
とりあえずプロポとメカを買わなければ。
う〜ん、何を買おうw
06-02-05山女レース | permalink | comments(2) | trackbacks(1) | - | -

この記事に対するコメント

こんにちは。
私のマシンの写真はレアですね〜自分でコントロールしているときは写真撮れないですから、貴重なショットをありがとうございました。
ポンダーステー製作はやまちさんという方です。同じ広島県人のRC仲間です。

Linkの件、OKですよ〜。私のサイトもリンク追加しておきますね。
では今後ともよろしくお願いします。
ではでは。
キョウヤ | 2006/02/09 9:17 PM
>キョウヤさん
どうもこんばんはです。
リンクの件ありがとうございます。
早速リンク貼らせていただきますね〜。
けんぐぅ | 2006/02/09 9:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toys.snowblind.holy.jp/trackback/416516
この記事に対するトラックバック
Toys! Snowblind | 山女レース当日 さすがにカットビメンバーのKentaこと僕が山陽R/Cレースに参戦しました。 結果は最下位から2番目でしたが、これからのR/Cライフにとって非常に勉強になる一日を過ごせました。 詳しくは僕個人のホビーブログサイトに掲載中
BLOG IT! from Toys! Snowblind | 山女レース当日 | さすがにカットビ! WEB | 2006/02/10 4:04 PM